1. 損をしないクレジットカード切り替え時、解約のタイミング

損をしないクレジットカード切り替え時、解約のタイミング

損をしないクレジットカード切り替え時、解約のタイミング

今使っているクレジットカードが不要になったり、別のクレジットカードを利用したいと考えたりした場合、解約を考えることもあるでしょう。しかし、クレジットカードを解約する際、そのタイミングによっては損をしてしまう恐れがあるということをご存知でしょうか?ここでは、クレジットカードを解約するタイミングについてご説明します。

まずはクレジットカードの解約方法を知っておこう

クレジットカードの解約方法は、クレジットカード会社によって違いはありますが、サポートセンターに電話をして手続きをするのが一般的です。オペレーターに解約の旨を伝えれば、すぐに対応してくれるでしょう。

また、解約をした後は、クレジットカードの処分を忘れないようにしてください。カード会社によっては、カードの返却が必要な場合もありますので、処分方法はカード会社に確認しましょう。ご自身で破棄する場合の注意点としてクレジットカードにはクレジットカード情報が入っているため、磁気ストライプやICチップの部分にハサミを入れたほうが良いとされています。なるべく細かく切り刻んでから、廃棄したほうが良いでしょう。

解約におけるデメリットやコストについて

クレジットカードを解約する場合、いくつかの注意点があります。まず入会してから間もないのに解約をするといったことを繰り返していると、クレジットカード会社から信用を失う恐れがありますし、すぐに解約をする人物として記録されてしまう可能性があります。そうなると再び作成しようと思っても、審査に通らなくなる可能性が高くなってしまうため、気を付けてください。

また、クレジットカード会社によっては、短期で解約した場合に、支払済の年会費が戻ってこないことがあります。余計な出費を抑えるためにも、クレジットカードの解約をお考えの際は、年会費の返金についてはあらかじめ確認しておきましょう。併せて、クレジットカードで貯まったポイントも確認しておくのがおすすめです。当然のことではありますが、クレジットカードに貯まったポイントは、解約すれば消失してしまいます。せっかく貯まったポイントをムダにしたくないという方は、ポイントを使い切ってから解約すると良いでしょう。

クレジットカードを解約すること自体は特に難しいことはなく、電話一本で手続きが済むことがほとんどです。ただし、解約の際に注意するべきポイントがあるということは、忘れないようにしましょう。クレジットカードを解約の際は、今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。



トップへ戻る