クレジットカードのスキミング対策

クレジットカードのスキミング対策

現代社会のなかで、もはや生活の必需品とも言えるクレジットカード。特に、海外旅行へ行かれたりインターネット通販を利用する方は、頻繁にクレジットカードを使っているのではないでしょうか? しかし、クレジットカードの便利な面ばかりに目を向けていてはいけません。クレジットカードを使う際は、スキミング被害をはじめとするさまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があるという、危険な一面もきちんと把握しておく必要があります。今回は、クレジットカードのスキミング対策についてご説明します。

スキミングとは

スキミングとは、スキマー(磁気情報読取装置)と呼ばれる専用の機器を使って、クレジットカードの磁気データを盗みとる犯罪行為のことです。スキミングされたデータはほとんどの場合、転写することで偽造カードを作成し、不正利用することに使われると言われています。盗難とは違い、クレジットカード自体は自分の手元にあるため、被害の発覚まで時間を要すことが多いようです。

スキミングの手口とは!

クレジットカード決済の際に、スキマーを仕込んだ端末にクレジットカードを通して情報を盗み取るというタイプです。近年はコンビニのATMに細工を施してカード情報を盗み取るといった、巧妙な手口も出てきています。その場合、店舗スタッフによる犯行だけでなく、外部者による犯行のケースもあります。

スキミング被害に遭わないための対策を

クレジットカード決済をするときは、店員がクレジットカードを通すところを自分の目で確認し、店員に不審な動きがないかをチェックすることが大切です。実際に不審な機器が取り付けられていたとしても、見分けが付かないという方がほとんどかもしれません。しかし、きちんとチェックしているという態度を見せるだけでも、スキミング犯罪の抑止に効果はあるでしょう。

また、ATMを利用する場所は、なるべく銀行内が良いでしょう。これは、コンビニやスーパーのATMだと、混雑時は店員の目が行き届かないことも考えられますし、銀行のほうがセキュリティ面で優れていると言われているためです。
そのほか、馴染みのない店ではクレジットカードを使わないのもひとつの手です。特に、こちらの目が届かない場所で決済処理を行うような店では、利用を避けたほうが無難と言えるでしょう。

スキミングは被害に遭っていることに気が付きにくいため、完璧な対策をとることが難しいのも事実です。 カード利用時に不審と思われた時はカード会社に連絡し、不正使用がないか確認するなどの対策を講じることで、被害に遭う可能性を減らすことはできるでしょう。今回ご紹介した内容を参考に、自分でできる範囲での対策は、日常的に心掛けるようにしてください。



トップへ戻る