1. クレジットカードを作りすぎるとどうなるの?

クレジットカードを作りすぎるとどうなるの?

クレジットカードを作りすぎるとどうなるの?

近年、クレジットカードが活躍する場は増えており、1枚は所有しているという方が多いかと思います。中には、複数枚所有しているという方もいますが、これにはどのような意味があるのか、疑問に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は、クレジットカードを複数枚所有するメリットとデメリットについて考えてみましょう。

クレジットカードを複数枚持つメリットとは

クレジットカードを活用する代表的なシーンのひとつとして、海外旅行が挙げられます。現金を持ち歩かずにすみますし、クレジットカードには海外旅行傷害保険が付帯しているため、海外旅行での利便性は高いと言えるでしょう。

ただし、海外では日本とは比較にならないほど医療費が高い国も多く、クレジットカード1枚に付帯する海外旅行傷害保険だけでは、補償額が十分でないと感じるケースも多々あるでしょう。そのような場合、クレジットカードを複数枚所有していると、それぞれの補償額を合算して支払うことが可能です(ただし、傷害死亡、後遺障害保険金に関しては、最も高い金額の保険のみが適用されます)。

また、クレジットカードを複数持っていると、さまざまなシーンに合わせた特典を受けられるようになるというメリットも挙げられます。このデパートで買い物をするときはこのクレジットカードというように、利用シーンに応じてうまく使い分けることで、お得に買い物ができるようになるでしょう。

クレジットカードを複数枚持つデメリットとは

次に、クレジットカードを複数枚持つことのデメリットについてご説明します。

クレジットカード会社によっては、年会費が無料のところもありますが、年会費がかかるクレジットカードも多くあります。そのような場合、せっかくお得な特典を受けて買い物ができたとしても、年会費の金額がそれを上回るようでは、意味がなくなってしまいますよね。年会費が必要なクレジットカードの枚数が多ければ多いほど、年会費の総額が高くなるため、作り過ぎには注意しましょう。

クレジットカードを複数枚所有した場合の注意点

このように、クレジットカードの複数枚所持には、メリットとデメリットがあります。近いうちに海外旅行に出かける予定がある場合など、短期的な視点で考えるとメリットは大きいように感じますが、長期的な視点で考えると、年会費による出費などのデメリットも気になってくるでしょう。

また、使用するクレジットカードの枚数が増えていくほど、その管理も複雑になります。思いがけず買い物をしすぎてしまい、支払いが困難になるケースもあるかもしれません。そのようなことを避けるため、クレジットカードを複数枚持つ場合は、お金の管理にはより注意を払う必要があるということも、肝に銘じておいてください。

クレジットカードを複数枚持つということのメリットだけでなくデメリットにもきちんと目を向けた上で、作るようにしましょう。



トップへ戻る