1. ステータスだけじゃない!ゴールドカードを選ぶ本当の意味

ステータスだけじゃない!ゴールドカードを選ぶ本当の意味

ステータスだけじゃない!ゴールドカードを選ぶ本当の意味

ゴールドカードと聞いても、「ショッピングの限度枠に余裕があるカード」という程度のイメージしか思い浮かばない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際にはこれ以外にも、さまざまなメリットがあるということをご存知でしょうか。ここでは、ゴールドカードを利用する意味やメリットについてご説明します。

急病や突然のケガなどの際も、ゴールドカードなら安心!

ゴールドカード会員の方は、国内での急病やケガについて、いつでも相談サービスを受けることが可能です。わざわざ病院にかかるほどではないというようなときでも、体に関するちょっとした心配ごとから、日々のストレス、医療、健康における不安まで、専門のスタッフが電話で丁寧に対応します。

三井住友トラスト・カードの「ドクターコール24」では、ご家族の健康相談を、医師や看護師、保健師などのスタッフが24時間年中無休で対応しています。もちろん、相談料は必要ありませんので、ご安心ください。

海外旅行、国内旅行における補償が充実している

海外旅行や国内旅行の際に起こりうる、万が一のトラブルに対する補償が充実しているという点も、ゴールドカードのメリットのひとつです。旅行中、突然病気やケガに見舞われてしまうこともあるかもしれません。もしものときに困らないためにも、補償内容が充実したクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

三井住友トラスト・カードのゴールドカードの補償金額は、海外旅行においては傷害死亡、後遺障害で最高5,000万円(*)、傷害治療費用や疾病治療費用で最高300万円、賠償責任で最高5,000万円、携行品損害で最高50万円となっています。

また、国内旅行の場合は、傷害死亡、後遺障害で最高5,000万円(*)、入院日額5,000円、通院日額2,000円、手術費用最高20万円というような補償内容となっています。
(*)海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険の一部(傷害死亡・後遺障害)はご利用条件を満たした場合に補償が適用されます。
ご利用条件とは、ゴールドカードで旅行料金(一部も可)をお支払いただいた場合です。

買い物に対する手厚い補償も、ゴールドカードの魅力

買い物でクレジットカードを利用した場合、盗難や商品の破損などの損害が発生したときにも、手厚い補償を受けることができます。

三井住友トラスト・カードのゴールドカードは、国内と海外双方の利用が対象となっています。補償限度額は最大500万円(ヤングゴールドの場合200万円)なので、高額の被害にも十分に対応することが可能です。なお、自己負担額は1事故につき3,000円となっています。また、対象となる期間は、商品の購入日から始まり購入日の翌日から起算して90日間あるため、対象期間が短くて補償を受けることができなかったということも、避けられるでしょう。

なお、実際に支払われる補償金額については、購入店の領収書もしくはカードのご利用控えに記載された商品の金額です。修理を行った場合は、購入金額と修理代金を比較し、いずれか低いほうの金額が支払われます。いずれも、補償金額から自己負担額3,000円を差し引いた金額での支払いです。

これだけのサポートが受けられるというだけでも、ゴールドカードを持つ意味は十分にあると言えるのではないでしょうか。今回ご紹介した内容を参考に、ぜひゴールドカードへの入会を検討してみてください。



トップへ戻る