海外のホテルで必要なデポジットって何?

海外のホテルで必要なデポジットって何?

海外旅行を何回かした人でも「デポジット」という言葉を聞いて、「デポジットって何?」と思った人も多いのではないでしょうか。デポジットと聞いて、すぐにどんなものか分かる人はきっと旅慣れをしている人でしょう。
ときに海外旅行で必要になる「デポジット」。ここでは、分からない人のために、分かりやすく説明していきます。

突然の請求にびっくり!何の請求?デポジットって一体なに?

デポジットとはつまり、「預り金」のことです。シチュエーションとして多いのはホテル、レンタカーなどです。チェックインなどの際に、クレジットカードの提示を求められたことはありませんか?それが、いわゆる「デポジット」です。提示したクレジットカードのコピーを取って、チェックアウトの際に何か支払いがあれば、そのカードを使用して支払いの処理がされます。

現金でもいいの?デポジットの支払方法

クレジットカードを持っていない場合は、詳細な個人情報を聞かれたり、「デポジット」を現金で支払わなくてはいけません。ホテルの場合は、宿泊代の1泊分程度は預けなくてはいけませんので、返金されるとはいえ一時的には大きな出費となってしまいます。

このような場合は、クレジットカードを持参することでさまざまな手間を省くことができます。例えば、クレジットカードであれば、室内での飲食や使用したクリーニングや電話代をチェックアウト時にそのカードで清算してもらうことができます。
ただ、ホテルによっては、クレジットカードを提示してもデポジットを現金で求めてくる場合もあるので注意が必要です。

確認、確認、また確認!デポジットを支払う際の注意点

ホテルでは、クレジットカードの提示がないと、現金でデポジットを支払わなければいけません。基本的には、支払った現金は返金されますが、稀にホテル側の手違いがあったり、意図的に返金されない場合や旧札で戻ってきたりなどのトラブルがあるようです。

このようなことが起こらないよう、チェックアウトの際には、請求明細をよく確認し、分からないことや、間違いを見つけたらその場で必ず確認をするようにしましょう。一度サインしてしまうと、修正するのに手間がかかってしまいます。

そしてもう一つ、必ず行ってほしいこととして、チェックインの段階でコピーした、クレジットカードの紙を返却してもらうということです。そして、その紙は破り捨てるようにしましょう。そのクレジットカード情報が何かの拍子に漏れてしまい、不正に使用されてしまうという危険を防ぐためです。

まだ終わっていない!帰国後の確認も忘れずに

帰国後安心して、ホテルからもらった請求明細等を捨ててしまう人がいますが、実際に海外で使った分が引き落とされる時まで保管しておくようにしましょう。ホテルからもらった領収書は、半年程度保管しておきます。何かあった場合に、カード会社に説明、証明できる大切な書類になるからです。自分で確認することはもちろんですが、サポートが付いているカードならば、怪しい明細は出所を調べてくれる場合もあります。

「デポジット」の意味は理解していただけましたでしょうか?上記で説明したように、海外のホテルでチェックインの際に、「クレジットカードを提示してください」と言われても、怪しむ必要はありません。ただ、請求明細等はその場でしっかり確認をするようにしましょう。



トップへ戻る